Amazonの新しい買い物の形、Prime Wardrobeを使ってみた

 スニーカー欲しいんだよねー、オニツカタイガーのなんか良さそうって思うんだけど、近くに現物見れるとこないんだよなー…なんて思いながらAmazonで物色していたら、ちょうど欲しいと思った商品のページに「試す」という選択肢が出ていました。

 あ、このスニーカーって、Prime Wardrobeの対象なのか!

Prime Wardrobeは試して返送できる無人外商サービスみたいなもの

 Prime Wardrobeというのは、Amazon Prime会員が無料で使える専用サービスです。

 このサービスを利用すると、気になる服や靴といった商品を、サイズ別や柄別で複数まとめて注文して、それらを到着から7日間試すことができます。その結果、気に入ったものだけを手元に残していらないものは返送すれば取引完了。気に入らなければ全部返送しても問題ありません。

 たとえば百貨店とかだとお得意様だけが入れるラウンジや、もっとお得意様だと自宅まで、担当の外商さんが商品を色々持参していって「いかがですか~」「いやー奥様お似合いです」と試着させまくって気に入ったものだけお買い上げいただきますって売り方をしてますけど、あれを無人&セルフでやってもらうみたいなものですね。

 これ、最初発表を見た時に「めちゃくちゃ便利だなー」と思ったんです。
 でもちょうど試すのに良い商品がその時はなかったんですよね。

 このブランドの靴ははじめてなのでサイズ感がまったくわかりません。まさにこのサービスがうってつけというわけで、せっかくだからPrime Wardrobeで注文を出してみることにしました。
 普段履く靴のサイズは26.0cm。おそらくはそれか26.5cmになるだろうと思いつつ、安全を見てさらに前後半サイズずつまとめて注文を出してみました。

 ちなみに支払い方法はクレジットカードかデビットカードのみ。Amazonギフト券やそれ以外の決済方法は使えないみたいです。ちょっと残念。

翌日には届いて、いざ試着タイム

 注文の翌日、でかいダンボールに入ってスニーカーさんたちが到着しました。ダンボール上面には「返送用送り状貼付位置」とあります。これに入れて送り返す前提なんですね。

 中には品物とパンフレットみたいな冊子が一部。ダンボールの蓋の裏側にはさりげなくテープが貼ってあります。ここのテープを剥がして閉じれば再封できる作りのようです。

 冊子の中身は、Prime Wardrobeの利用方法を説明する紙と、返送用の送り状、あと返送時の目録代わりになるレシートが一枚。

 さあ試着タイムですよひゃっほう。

 まずは普段履いているサイズの26.0cmから。
 左足をあわせてみるとちょうどぴったり。ジャストサイズ。スリッポンだから紐で締め付けることができないわけで、これぐらいがいいのかなー。一応念のために右足も履いてみて、少し部屋の中をぐるぐる歩く。うーん、右側はちょっとぴったりすぎるかも。縦はいいけど横がパンパンになる。長時間歩くとどうかなあ。

 じゃあ半サイズ上げてみたらどうだろうと、次は26.5cmをあわせてみます。
 ちょっとゆるい…けど、脱げそうになるほどじゃない。土踏まずの位置はむしろこっちの方があってる気がする。あー、これの方が長時間履いててもうっ血することがなくて疲れないかもなあ。でも走ると脱げないかなあ。
 そんなことを思いながら部屋の中をぐるぐると。

 どうにも決めかねるので、何度か双方を履き替えてみて、最終的に26.5cmの方が良いように思えたので、そのまましばらくの間履きっぱなしで過ごしてみました。うん、こっちがいい。間違いない。

実際に利用してみると、よくある「サイズ交換サービス」とは便利さのレベルがちがってた

 ネット通販で服や靴といった衣料品を扱う店では、「サイズがあわなかったら交換します」とうたっているところは珍しくありません。自分も何度かそういうお店で買ったことがあります。
 でも、意外とその手のサービスって、利用しづらいんですよね。
 というのも、「交換したら必ずサイズがより合うものになる」とは限らないから。Mだときついと思ってLに換えてみたら、思いのほかLがダボダボでこれならむしろMのままが良かった…なんてことは容易に起こり得ます。それが想像できる以上、交換って賭けなんですよね。

 その点、このPrime Wardrobeなら、その場で「あっちかも」「いやこっちかも」と納得のいくまで繰り返すことができる。しかも店頭での買い物みたいに「あれこれ持ってこさせるのは店員さんに申し訳ない」「早く決めないと店員さんに申し訳ない」なんてプレッシャーを感じることもありません。鏡の前でポーズをとってみるのだって自由。どれだけ決めポーズをとったところで「店員さんにアホかと思われてるんだろうな」なんて心配とは無縁です。
 その分納得のいくまで、ゆっくり吟味して決めることができます。

 ある程度候補が絞れている状態の買い物であれば、これ、何よりも満足できる買い物の形じゃあるまいか…。

試着後は、注文履歴から返送品を確定して着払いで送り返す

 試着して購入するか返品するか吟味し終わったら、注文履歴からPrime Wardrobeの注文を選んで「購入・返送手続き」を行います。

 上のような画面が出てくるので、ひとつずつ「購入」か「返品」を選び(デフォルトは「購入」になってる)、最後に「購入を確定する」ボタンを押します。この時「購入」にしてあった分の合計金額が請求されることになります。

 不要な品は発送時に送られてきたダンボールにお戻りいただき、コンビニに持ち込んで発送しました。

 それにしても、これは本当にかなり便利なサービスです。すっかり気に入ってしまったので、今後も継続して利用すると思います。

レビュー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
関連記事
お、いいねいいね面白いと思ったコトを書くブログ

コメント