カラーキャリブレーションから様々なことを学んだ話

 大学でデザインについて学んでいたのに、こんなにも重要なことを知らずに卒業していることに驚いたエピソードです。
 この作業をしていないと自分の想定していた色と、実際に印刷されてきた色のずれが大きくなってしまうため、とても重要な作業なのです。
 そんな大事なことをなぜ学ばなかったんだ!?とお話を聞きながら悔しくなっていました。

関連記事

  1. デコピン より:

    おはようございます。
    スキャナーもキャリブレーションするのですよ。もっとも私が使っていたのは10年以上前で名刺スキャナーでしたが、名刺のスキャンをする前に必ずキャリブレーションカードを最初に通していました。
    話は変わりますが、私の勤めていた建築業界では「塗料調色技能士」や「建築塗装作業技能士」などの資格が重宝されています。実務経験が必要などの受験条件が有りますが、勉強してみるのもキャリブレーションのお役に立つかと思います。

    • イシクライシクラ より:

      おはようございます!☺️
      キャリブレーションカードという物もあるのですね!!?
      資格の勉強をするだけでも楽しそうです!☺️

スポンサーリンク