ネームサーバをムームーDNSからカラフルボックスへ移行する

 ムームーメールの使用を取りやめて無事ネームサーバ設定を変更できるようになったので、ムームーDNSからカラフルボックスのDNS管理へと設定を移行させることにしました。

スポンサーリンク

カラフルボックス側のDNS管理設定を行う

 カラフルボックスでDNSの管理設定を行う手順は次の通り。

 ざっくり言うと、マイメニューから「ドメイン」→「DNSの管理」をクリックしてDNSマネージャ画面を開き、「新しいゾーンを追加」ボタンを押して使用ドメインのレコード設定を行います。
 当たり前ですが、既にムームーDNS上で設定が済ませてあるので、基本的にはそのレコード内容をそのまま移してくればいいだけ。ただ、テキストレコードの入力だけちょっと違っていて、ムームーDNSのようにTXTレコードを複数登録することができません。これは、1件のTXTレコード内に、1レコードずつの内容を””で囲って、それを半角スペースで区切って羅列するようにしてやれば良いようです。

ムームードメインのネームサーバ設定を行う

 カラフルボックス側のDNS設定が完了したら、ムームードメイン側からの参照先を切り替えます。ムームードメインのコントロールパネルにログインしてネームサーバ設定変更画面を開き、「ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する」となっている設定を、「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」に切り替えた上で、次のように設定します。

 ここで入力するサーバ情報はカラフルボックスのもの。上に引用した「他社管理ドメインのDNS管理方法」ページ内で指示されているものとなります。

 これによって、oiio.jpに対するアクセスがカラフルボックスのネームサーバを介されるようになり、このゾーンのステータスも、非アクティブの状態からアクティブへと変わります(最大24時間くらいかかるらしい)。

 これで完了。
 同時にメールサーバの管理もカラフルボックス側に移っていますので、以前使用していたメールアドレスをこちらでも作成して、データの移行と送受信が問題なく行えることを最後に確認しておきます。

 あとはCDNの導入をどうするか。負荷分散しなきゃいけないほどのアクセスはないので急ぐ必要はないんですけど、配信拠点を受信側近くに設けることで「遅くならない」だけじゃなくて「速くなる」ことも期待できるなら、さっさと導入しちゃってもいいのかもしれません。LiteSpeed Cacheには、そのへんの機能も含まれてますしね。

関連記事

スポンサーリンク