ちょっと複雑だけど幸せ

 報告書を書くって今までした事なかったので、どんな風に書くのが正解なのかわからず毎回緊張しながら報告しています。まだまだ慣れません。で、報告してる途中にふと「でも、同い年の会社員の人たちは当たり前にできることなのかなあ……」て思ったんですよね。

 報告書を書くことで、自分の想像していた仕事時間と実際かかった時間とを意識するようになるから、この先何かするときも計画をより正確に立てられるようになる、ということらしいのですが、そんなことも同い年の会社員の人たちは普通にできるようになってるのかな……とか思ったり。

 仮にできていたとしたら、少し嫉妬のような気持ちも湧くと思うんです。でも今職場では報告書を書くようになったわけで、そのうち同い年の会社員の人たちに追いつけるのかなって思ったりもして。
 会社員の人たちが経験するであろうことを少しは経験できたり、さらには滅多に経験できないであろうことも沢山経験できる今の職場は、とても充実していて、楽しくて、幸せだなあと感じた最近です。

  1. デコピン より:

    私が新入社員の時は無かったのですが、最近の新入社員は毎日報告書を書いて、直接の先輩に見て貰っていましたね。2年ぐらいは書かないといけないみたいです。内容は石倉さんが書かれた内容にプラスして、当初に立てた目標の進捗報告が入っていたと思います。
    私の時はそうゆう報告書は無かったけれど、作業所勤務だったので安全日誌記帳が新人の役割でした。(本当は安全当番が書くのだけど、人数の少ない作業所では一番若いものが永久に安全当番でした。)

    • イシクラ ユカ イシクラ ユカ より:

      2年…!!直接の先輩というのも羨ましい響きです😳
      毎日書いていたら1年経つ頃には、すらすら書けちゃいそうですね!😳😳

  2. もう より:

    そーそー、隣の芝生は青いですからまぁ、気にしないよーにしたほうが良いですよ。
    っても気になる年頃はしょーがないので(笑)まずはきたみさんからいっぱい吸収することをメインにしていきましょー

    • イシクラ ユカ イシクラ ユカ より:

      ふとした時に、会社員として働いている友達が当然にできることを、自分はなにもできないんじゃないかって不安になります。_:(´ཀ`」 ∠):
      きたみさんの尊敬している部分を吸い取りまくります!!!💪🏻

スポンサーリンク