AmazonのProduct Advertising API(PA-API)アクセス制限が解除されたぞバンザイ!

 Product Advertising API(以降、PA-APIと呼称)とは、Amazonの持つカタログデータにアクセスして、プログラムから利用できるようにするインタフェースのことです。通常、Amazonの商品リンクを、Amazonの用意したインタフェース上で取得してブログに転載する分には必要ないんですが、商品画像や名前や価格なんかをプログラム内で取得して構成する場合には広く使われているようです。

 このAPI、旧ブログの時はAmazonで取得した商品リンクを貼るのみだったので意識したことはありませんでした。ところがWordPressを利用した現ブログに移行して、Cocoonというテーマに用意された機能でAmazonの商品リンクを貼ろうとしたところ、これがうまく表示されません。次のようなエラーが出てしまうのです。

Error! RequestThrottled
You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

 メッセージ上は「リクエスト回数が頻繁すぎるから、もうちょい頻度落としてね」って感じの内容なんですけど、実はこれが大嘘で、頻繁どころかたった1回のアクセスも許してくれません。これは2019年1月にPA-APIの利用規約に変更が入ったことから生じた問題のようで、具体的にはその期日までにPA-API経由で売り上げをたてていなかった人は、たとえそれが新規ユーザーであろうともPA-APIにアクセスさせてもらえないというご無体なことになってしまっているようなのです。

 このへんは、Cocoon開発者さんのサイトでも詳しく述べられています。

 PA-APIにアクセスするにはPA-API経由で作った商品リンクの売り上げ実績が必要なんだけど、そのためにはPA-APIにアクセスする必要があるので…いやいやいや、無理ですやんひどい。

 今年3月から新サイトに移った本ブログにはそんな実績があるわけもなく。
 仕方ないので、商品画像やリンクは楽天市場をメインに据えてデータ引っ張ってくるようにしてましたけど、楽天は送料のこととか取扱い終了がありがちとか、あんまり紹介先としては好ましくないんですよね…。

仕方がないので修行を開始してみる

 この問題による影響はかなり大きくて、どうすればこのアクセス制限を解除してもらえるのか、たくさんの人が情報を集めたりAmazonに問い合わせたりして答えを探しています。

 結論としては「通常のAmazonリンクで売り上げ実績を作っていけば、いつか解除される日が来るっぽい(けど確証はない)」みたいなあたり。正確な回答がもらえない限り推測ベースで対策を練るしかないのは致し方ないところです。

 そんなわけで、楽天でもAmazonと同程度の価格で売っている品の場合は楽天市場からデータを引っ張ってきた商品リンクを貼り、めんどくさかったりAmazonにしかない品だったりする時はブログカードでAmazonへのリンクを貼るようにしていました。ブログカードでってのは下記のようなものです。あれ?なんか商品画像がおかしい…。

 本ブログがAmazonアソシエイトの承認をもらえたのが2019/4/8のこと。そこから上記の感じで修行を積んでいたわけです。幸い4月に何千円かの売り上げがたったので、その集計タイミングでアクセス制限が解消されたりしないかと期待しましたけど、5月に入っても一向にエラーが解消される気配はありませんでした。がっくりです。

表示された瞬間、思わず目を疑ったり

 アクセス制限の動作検証は、PA-API経由のAmazonリンクだけを記述したページの下書きを保存しておいて、新しい記事の執筆時に、気が向いたらそれをプレビュー表示させてみることで行っていました。確か5月の22日あたりに試した時は、同じようにエラーが出ていたはずです。
 ところが24日金曜日に「今週もこれで店じまい」と思って最後に試してみたら、いつもならエラーの出ていた箇所に画像がある。「あれ?」と見返したらちゃんと商品情報を引っ張ってきてリンク表示されてるんです。

 え!? いつの間に!? 何かステータス変わるようなことあったっけ!?

 結果的に修行期間としては1カ月半程度、売り上げは4月5月あわせても1万円行かない程度でアクセス制限が解消されたことになります。これにより、次のような商品リンクが使えるようになりました。やったー。

 もしかしたら、4月の売り上げ承認のタイミングが24日あたりで、それによって解消に至ったのかもしれません。なにせ、それ以降は再度エラーを見るようなことはなく表示できているので、一時の気の迷いというわけではなさそうです。

 PA-API制限に引っかかっていた間、どれだけググって情報を探しても「もともとPA-APIを利用していたけど一時的に停止措置をくらって、その後PA-API経由の売り上げがたったから制限解除された」という体験談はあっても、自分のようにまったくまっさらの状態から制限解除に至ったものは見つけられませんでした。
 というわけで、一応ひとつの事例として体験談をこうして残しておきます。誰かの参考になりましたら幸いです。

コメント

  1. ジェットストリーム より:

    話の本筋とは全然違いますが、、、

    「人生って、大人になってからがやたら長い」って本を今回初めて知り、アマゾンKINDLE版で早速購入し読んでみましたが、、、メチャクチャ良い本じゃないですか!
    私はバイク繋がりできたみさんを知って、プログラム関連はまるでわかりませんが楽しいバイク&エッセイスト(?)って感じで認識していましたが、この本はここ数年読んできた本の中でもTOPを争うハマりようで、失礼ながらきたみさん著作の最高傑作ですね!
    書籍版も購入して中学生になった子供に読ませようかなー

    こんなステキな本をありがとうございます。
    もっともっと世間に知れ渡ってもいいはずですねー

    • きたみりゅうじ きたみりゅうじ より:

      自分の中では「これを代表作にする」という気持ちで書き上げた本なので、そんな風に言ってもらえてすごく嬉しいです!ありがとうございますー!
      お子さんが読むとどんな感想になるんでしょうね。想像もつかない(^-^;

      残念ながらあんまし売れませんでしたけど、時折こうした声をいただけると、書いて良かったと思うことができます。本当にありがとうございました!

  2. ジェットストリーム より:

    いやー、本当にできることなら子育てが始まる前にこの本に出会いたかった!と真剣に思うくらい名著ですよ。
    私はきたみさんとほぼ同世代ですが、きたみさんと性格が似ているのか同じような事を考えていたり、はたまた俺はそこまで考えないでボーっと生きてきただけだなぁと1人で反省したり、、、。

    子育てを終えたあたりでの続編に勝手に期待します。

    • きたみりゅうじ きたみりゅうじ より:

      ありがとうございます!
      コミックエッセイからはちょっと距離を置くようになっちゃいましたが、いつかまた節目にそういう本が出せるようがんばります~。