Google AdSenseの審査に合格することができました

 このブログは、3月頭に旧サイト(http://www.kitajirushi.jp)からこちらへ移ってきて、心機一転がんばりまっせーと更新を続けています。
 その過程でもっとも大きな誤算だったのが広告の取り扱い。
 URLはかわるけど中の人はかわらないんだから、前に取り扱っていた広告類は全部そのまま使える、もしくは新しいURLを登録するだけで使える。そう思っていたのです。

 確かに前まではそうだったんですよね。

 でも、前のサイトでなんやかんやと10年以上更新作業を続けている間に、世の中はもうまったく見事に変化していたのです。

スポンサーリンク

広告が表示されない! 審査も通過してくれない!

 こちらのサイトを構築して、不慣れなWordPressにもなんだかんだと慣れてきて、よしそれではブログ収益化のために広告をいくつか仕込もう。そう思ってGoogle AdSenseやAmazonアソシエイトの設定画面でそれぞれ新しいブログのURLを登録し、新しく入手した広告用コードを埋め込んでみました。

 ところが、Webページ上には何も表示されません。あれ?
 新しいURLを認識するのにちょっと時間がかかっているのかなと待ってみるも、一向に表示される気配なし。これはおかしいとさすがに思い直してWebで調べてみたところ、今の規約では新しいURLに広告を出そうと思ったら、いずれも初回時と同様に審査を受け直さないと駄目だというではないですか。しかもその審査基準が前よりも厳しくなってるっぽいのだとか…。

 うっそーん、それは知らなんだ。

 それではと審査を申し込んでみるも、Amazonアソシエイトの方では「もっとコンテンツ充実してからじゃないと今のあなたのサイトは審査できる状態じゃないよ(意訳)」とすげないお返事。Google AdSenseの方は申請後に否認理由が来て、それを解消したと報告したらまた再検証してくれるという流れなので、指摘された事項(認証コード入ってないぞーとか、うちのポリシーに準拠してないぞーとか)を修正しながらしばらく粘ってみるもやはり駄目。

 最後は「ユーザーにとって価値がほとんどないページ。コピーコンテンツのようなサイトには広告は表示されません(意訳)」といった指摘を受けてしまいました。

 こうなってしまうと、コンテンツ内容の細々した見直しをせざるを得なくなってしまうので(そしてそれですら確実ではない)、これはもう駄目だと一度申請自体を取り下げることにしました。だいたいサイト開設から1週間ぐらい。再検証のたびに2~3日待たされたりしていたので、記事数は5~8個程度だったと思います。

1カ月経ったのでダメ元で申請しなおしてみた

 4月1日の晩に、酒を飲みながらふと「そろそろほとぼりさめてるんじゃないか?」と思い立ち、あらためてGoogle AdSenseにURLを再登録して承認を願い出てみました。

 その後ほろ酔い気分で風呂に入り、へらへら~と出てきて、スマホを見る。その間約2時間。

 Googleから「お客様のサイトでAdSense広告を配信する準備が整いました」という件名のメールが届いていました。冒頭イラストにある、おめでとうございますメールです。申請は確かにしたけど、その反応の早さに超びっくり。
 通る時ってこんなにあっさり通るんですね。ダメだった時に無理矢理通そうとあれこれコンテンツをいじらなくて良かったです。あ、プライバシーポリシーだけ前回の申請後にいじったんだった。通らないならということでAmazonアソシエイトやGoogle AdSenseに関する規約部分とかを削ったんですけど、ひょっとするとそれも功を奏したのかもしれません。でも多分一番は、1カ月経ったことで記事数が20件となり、それによってサイトの独自性を認めてもらえたということなんだと思います。

 そんなわけで、今週からGoogle AdSenseの広告を掲載しはじめています。今の仕様だとGoogleさん任せでいいように広告をコンテンツ内に差し込んでくれるみたいなので、とりあえずどうしても嫌いな広告(全画面広告とか)だけオフにして、あとはGoogleの自動広告任せにしています。この状態で様子を見ながら、おいおい最適化すべきところは詰めていく感じでいいかな…と。

 ちなみにAmazonアソシエイトについては、もしもアフィリエイトの方で必要なことはほぼまかなえている状態なので、特にリトライもせず放置しています。

(2019/04/08 追記)
 この記事公開後、ふと思い立ってAmazonアソシエイトの方も再申請を出してみたら、その翌日にはあっさり承認を受けることができました。やはり自分のサイトの場合、記事数が一番のネックだったように思えます。

スポンサーリンク
ブログ制作
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
関連記事
お、いいねいいね面白いと思ったコトを書くブログ

コメント

スポンサーリンク