今年の花粉はなんだか目にくる

 花粉の気配がただよってきた。そう感じたのは2月の中旬が過ぎたあたりのことです。
 症状がひどくなる前に抗アレルギー剤を飲んでおけば、さほど症状がきつくならずに済むのが例年の習わしなので、この時も手元にあったアレロック錠を飲むようにしてみました。

 ところが今年はアレロックを飲むとずどんと眠くなる。昨年はこれで乗り切ったはずなのに、泥のように眠りに落ちて朝も頭がスッキリしなくて日中もほとんど歩く屍と化した状態。いくら鼻水と目のかゆみが止まっても、これじゃあ日常生活が送れません。

 ってことで病院に行ってきました。
 多少の症状は我慢するから、今年は弱いやつでお願いねと。
 するとお医者さんが言うのです。

 しん…やく?
 毎年毎年同じラインナップで、眠気か鼻水目のかゆみかどっちか我慢するしかありませんよって世界にいつの間にか訪れていた新しい選択肢。そりゃもうワクワクしかありません。しかも先生曰く、「むしろアレロックよりも強い薬にして、そのかわり夜寝る前に1回飲めば済むようにしましょう。それなら眠くなっても大丈夫でしょ?」というんだから、もう期待しかありません。

 処方箋を持って薬局へ行くと、「新しい薬だから在庫がなくて。取り寄せになるので夕方また来てください」とのセリフ。さらにワクワク感は超MAXです。

 そんなに!最先端の!薬が!今!この俺の!アレルギー症状に!いざ!鉄槌を!

 というわけで、かれこれ1カ月くらい、この新薬だというルパフィン錠を10mg、夜寝る前に飲んでいます。うっかり風呂に入る前に飲んだりすると眠気と格闘する羽目になってひどい目を見たので、しっかり「もう後はお布団に入るだけ」状態になってから飲むようにしています。

 確かに日中眠気で動けなくなることもないし、症状もだいたい抑えられている感じ。鼻水に困るようなことはありません。
 ただ、目が痛い。痒いんじゃなくて、なんだか妙に目のまわりに粉がふいて、その粉がこするとヤスリでひっかくように痛いんですよね。水洗い以外厳禁って感じです。そして、そこの対処を間違えると、目が痛くてしょぼしょぼして開けていられなくなっちゃう。

 ほんの数分外に出てもすぐそうなるので、いつもなら薬だけで対処して使いもしないマスクを今年は欠かさず着用するようになりました。これだけで随分楽になったので、やっぱりこの「こするとやたら痛い目のまわりの粉」は自分自身から出ているようです。

 いったい何が出てるんだろう。

 俺の体なんだから、もっと俺を大切にして欲しいしそうするべきなので、得たいの知れない粉を出すのはやめてくれないだろうかとただ願う今日この頃です。

コメント

  1. ちゃ より:

    私も今年の花粉は強いというか、去年と同じ薬を飲んでいても眠くなるなあと感じています。金額にもよりますが、そろそろ舌下療法を試したいところです……
    花粉症とは違う薬ですが、副作用(薬疹)が出たことがあるため、なかなか薬を変える気になれません(^^;)きたみさんの目の症状も薬による副作用かもしれませんね(´・ω・`)

    • きたみりゅうじきたみりゅうじ より:

      やっぱり今年ってなんか花粉きついですよね。
      副作用かー、それは考えてませんでした。あるかもしれませんね〜。

スポンサーリンク