ThinkPad X1 Yoga (2019)には、SaotoTechさん製のトラックポイントキャップを使いたい

 以前こちらの記事にも書いたように、現行のThinkPad X1 Yoga(以降Yoga2019)は薄型化の影響で色んなモノがフラット化されています。

 トラックポイントについてもそれは例外ではなく、背丈が低くなってキーボード面から飛び出さないように配慮されています。そうじゃないとディスプレイに突き刺さっちゃいますからね。

 この低さが影響してか、いつもの調子で荷重をかけてもいつものようには動いてくれません。感度を一番良くしても、マウスカーソルの速度を上限まであげても、「弱めに押し込むとカーソルがゆっくり動き、強めに押し込むと画面の端まで一瞬でカーソルを移動させられる」というトラックポイント特有の良さが出てこなくて、めちゃくちゃ強く押し込むとなんとかそれなりに速く動くかなぁという感じ。この弱め~強めへの力加減を変えることで、いつでもカーソル速度がリニアに変化するところがトラックポイントの良さでもあったのですが、この固さではちょっと難しいと言わざるを得ません。

 あと、もうひとつ残念なのが選択肢がなくなってしまったこと。従来トラックポイントは次の3種がキャップとして選べるようになっていたんですが、今回のモデルは標準で付いているソフトドームタイプしか用意されていません。

 先に述べた固さとあわせて、これがすごく指が痛くなるのです。

スポンサーリンク

トラックポイントキャップを個人製作している人がいた!

 なんかいい回避法ないかなあと検索していたら、なんとトラックポイントキャップのソフトリムタイプを個人製作で販売している人を見つけました。

 残念ながらYoga2019に対応した形状はまだ扱っていませんでしたが、このラインナップを見る限り期待しても良さそうな感じです。これが出たら色々解決しそうだと嬉々としてTwitterに投稿したところ……

 なんと試作品段階のものを売っていただくことができました!やったー!

指が痛くならないし、カーソル速度も上がっていい感じ

 というわけで届いたのがこちら。右側の赤いやつが標準で付いているソフトドームタイプのキャップです。
 ちょっとしばらく試してから書いているので、少し使用感が出てしまっているのはご容赦を。

 横から眺めるとこんな感じ。これだけ低く抑えられていると、まちがってもディスプレイに突き刺さることはなさそうです。

 実際にこれを付けた状態で1カ月ほど雑に持ち運びしていますが、本体がけっこう圧迫されちゃったかも……という時にうっすらディスプレイに輪っか状のあとが残っていたことが一度あったくらい。当然傷がつくようなことは起きていません。

 材質は少し固めのエストラマーっぽい感じ。純正品のソフトリムキャップで使われているゴム質よりも手に吸い付く印象です。比較して明確にどちらが固い柔らかいといった違和感はありませんでした。

 このタイプだとフチを押し込むことでカーソルが加速してくれるので、ソフトドームタイプのように強く押し込まなくても素早くカーソルを動かすことができるようになります。従来の「びゅん!」ってほどじゃないにせよ「ひゅうんっ」くらいの感じなら、楽に動かせるようになりました。
 あと、指が痛くなりません。
 ぜんぜん痛くなりません!

 使い始めの頃にほんの少しだけ違和感があった(微妙に平らな面がキートップ面より低すぎるように感じた)んですが、しばらく元のソフトドームと代わりばんこで様子を見ながら慣らしていった結果、今ではこれなしじゃしっくり来なくなりました。

 個人的にYoga2019使いには必須の一品だと思います。超おすすめ。

関連記事

スポンサーリンク