SENA のインカム SMH5 のリフレッシュ作業を行うのだ
その1 – 加水分解との闘い編

 バイクでどっか行く時に、今や欠かせない存在となったのがスマホのナビアプリと、その案内音声を受信するために用いるBluetoothインカム。
 このインカムには、「いつ買ったっけ?」と思い出せないほど昔から、SENA の SMH5 というBluetooth インカムを愛用しています。グローブをつけた状態でも操作しやすいジョグダイヤルがついていて、しかも小型のもの……という基準で選んで、それからずっと「これは便利だ良いものだ」と愛用しています。

 で、先日ヘルメットを新調したので、このインカムをそっちに移設しようと思ったわけです。
 ところが取り外そうとさわってみたら、「ぬちゃあ…」とベタつく感触が。どうやら表面のラバーコーティングが劣化したようで、加水分解でどこもかしこもベタベタしています。それもインカム本体だけでなく、ヘルメットに設置するマウントパーツも同様にねちゃねちゃしてる。

「これを買ったばかりのピカピカのヘルメットには付けたくないな……」

 そういえばマットブラックが気に入って買った SHOEI Z-6 や OGK FF-5 というヘルメットたちも、最後はマットブラックのラバーコーティングが劣化してベタベタになって寿命を迎えたんでした。もうね、こういうラバー仕上げやめませんかね。色んな製品で毎回加水分解には酷い目にあってるから、もうほんと勘弁してって気持ちになってる。

 しょうがない。こいつも無水アルコールを使って綺麗にしてやるとしましょう。
 いっそ買い換えろよって話ではあるんだけど、各社のインカムが全部USB-C端子に切り替わってから製品選択をしたいという気持ちがあり……うーん。

スポンサーリンク

まずは現状確認から

 とりあえず現状どんなかというと、こんな感じ。汚いなあ……。

 まあぱっと見てわかるレベルで腐ってるんですけど、グローブつけた状態でさわってるとあまり気にならなかったんですよね。

 ヘルメット側に付けるマウントパーツもこんな感じでベタベタになってます。

 いや、あらためてまじまじと眺めるとほんと酷い。

 まちがってもこのベタベタで真新しいアストロGXを汚染されたくはないので、しっかり綺麗にしてやるとしましょう。頭の中に「だから買い換えればいいやん」という声が響いてきますが、聞こえないことにします。

使うのは自分の中で定番と化した感のある、無水エタノールとキムワイプ

 作業は無水エタノールとキムワイプを使って行います。もう自分の中ではすっかり定番品。

 無水エタノールを何かに含ませてラバーコーティング部分にあてると、ぬるりと溶けて拭き取ることができるようになります。

 ただ、取り去ったコーティングカスは乾いてくるとすぐ再付着しちゃうし、そこらに転がしておいても周りを汚染してしまうので、拭き取っては捨て拭き取っては捨てを繰り返す必要があります。
 キムワイプはティッシュのように崩れてボロボロにならないので、非常に使いやすくて良いです。

 キムワイプ、そろそろなくなってきたから買い足さないとなあ。

みごと綺麗に……とまではいかないものの、ベタベタは消えました

 いつものように無水エタノールをたっぷりとキムワイプに含ませて、コーティング部分にじっとあてて感触がぬるっとしたものに変わったら拭い取ってまたあてて……を繰り返すこと数十回(数百回かな)。
 視認できる範囲のコーティングはすべて取り去ることができました。

 地肌のプラスチックがそのまま露出して思うのは「このままでいいやん」というもの。コーティングいらん。その点 ARAI のヘルメットは、フラットブラックの仕上げとして「コーティングじゃなくて表面のざらざら仕上げで艶消しにする」手法を用いてるっぽいんですよね。ヘルメットとしては少し色気に欠ける仕上げに思えましたけど、劣化を考えるとあっちがいいなあ。

 実際、ベタつきが消えてさらさらした手ざわりは握ってて気持ち良いんですよね。ラバーコーティングいらない。

 今回、ジョグダイヤル部の凹みはキムワイプだけだと難しくて綿棒も併用しました。どうも細かい隅を攻めるのは指だと厳しいです。

 マウントパーツはこんな感じに。コーティングがこそげ落とされてるので、表面にプリントされていたであろうメーカーロゴやBluetoothマークはほぼほぼ消えちゃってます。

 こちらもさわるとすべすべした手ざわりが心地良くて「やっぱラバーコーティングいらないやん」という感想に。これなら新調したヘルメットにつけてやってもいいかな。

 しかし実はこの Bluetooth インカム。問題はこれだけじゃありません。長年使ってきた関係で、どうもバッテリーも瀕死状態になっちゃってるっぽいんですよね。
 我ながら「だから買い換えろよ」と思わなくもないですが、引き続きバッテリーの交換作業に移りたいと思います。

関連記事

  1. @Nanigashi_227 より:

    そーいうレストア的な作業も楽しいとは思いますが…。
    流石に買い換えてはいかがですか?
    SENAなら50S系のグレードなら日本語音声での操作も出来るみたいですし。
    メットも新調した事ですしコレを機にインカムも最新のモノに移行するとかしては?
    (*´ω`*)

    • きたみりゅうじきたみりゅうじ より:

      そうなんですよね。自分としても本当はそうしたいところなのですが…
      SENAは音質が気に入らないので、次の候補には入らなくて、CardoのJBLスピーカーシリーズが良さげで買う直前まで行ったんですけど、向こう1年くらいでUSBC端子に置き換わることを考えたらこれも手が出せずで…。

      • @Nanigashi_227 より:

        「CardoのJBLスピーカーシリーズ」に関して言わせて頂ければ…。
        私は「PACKTALK BOLD JBL」を使っていますが結構気に入ってますよ。
        RX-7X(JBLスピーカー)とVZ-RAM(標準スピーカー)で使ってますがどちらもとても良く聞こえますね。
        音声操作もメリハリのある発音で言えばキチンと応答してくれます。
        電源入れてナビや音楽再生の設定(スマホ操作)したらインカム触る事は殆どないです。
        難を言うなら…。
        「オエ”エ”」とえずいたりすると「OK Google」と誤認識される事でしょうか…。

        >向こう1年くらいでUSBC端子に置き換わることを考えたら
        先日「PACKTALK SLIM JBL」の半額キャンペーンセールをしていたとYouTubeで観た覚えがあります。
        「PACKTALK BOLD JBL」も半額セールがあるかもしれませんし…。
        もしセールがあれば購入するという選択肢もありなのでは?

        • きたみりゅうじきたみりゅうじ より:

          そうそう、半額になってた時に買う寸前までいったんですよ(笑)
          「これで売り切った後、USBCになった新型が出ると見た!」と予想して見事失敗して今に至ります~。

スポンサーリンク