身に覚えのない報酬の振り込みがあった際に、入金額から売上高(請求額)と源泉徴収税額を求める方法

 今年の確定申告で、帳簿をつけて銀行の入出金履歴をたどっていたら、「この妙に半端な入金額なんだ?」という数字に出くわしました。その額、仮に「2,042円」だったとしましょう。
 振込主はお付き合いのある出版社さんなので、問い合わせれば済む話ではあるものの、いや当然問い合わせはするんですけど、やっと重い腰をあげて帳簿処理をはじめてるんだから、ここで処理の手を止めたくはない。なので、数字のつじつまだけは合うようにしたい。

 そこで、この数字をもとに、「売上高」と「源泉徴収税額」を求めて、帳簿につけておくことにしました。その計算方法を頭の中で整理するのにちょっと時間がかかったので、備忘録として残しておきます。

スポンサーリンク

「消費税込みの金額」から源泉徴収税額が求められていた場合の計算式

 消費税込みの金額から源泉徴収税額が求められる場合、その式は次の通りです。

 昔は単純に「報酬の1割ね」で計算できていた源泉徴収税ですが、東日本大震災の後「復興のための財源確保」という名目で所得税に対して2.1%が課されるようになったので、それを考慮して源泉として引かれる金額も、所得税(10%)とそれに対して課される2.1%分を加算した10.21%という半端な数字で計算されるようになっています。

 で、入金額から売上高と源泉徴収税額を求めるってことは、上記の逆をやってあげれば良いわけですね。
 まず売上高をXとすると、入金額は次の式であらわすことができます。

 ここからX(売上高)を求める式に変形させると……

 なので冒頭にあげた「2,042円」が、税込み計算でいつも源泉を引いてる取引先の場合は、「2,042 ÷ 0.8979 = 2,274円」が売上高で、「2,274 × 0.1021 = 232円」が源泉徴収税額という内訳になるわけです。

 ただ源泉徴収税額って、100万を超える金額に対しては2倍の20.42%計算して徴収されることになるのですが、今回はそれを考慮していません。そんなでかい数字になると「この入金なんだ?」ってなることがまずあり得ないので、まあそこまで考えなくてもいいかなと思って。

「消費税抜きの金額」から源泉徴収税額が求められていた場合の計算式

 一方、源泉徴収税額が消費税抜きの金額から求められる会社さんだった場合、話は少々ややこしくなってきます。

 つまり入金額は上の図でいう[A]を売上高Xから引いて、それに[B]を加えた額。式にすると次のようになるわけです。

 [A]の式は消費税込みの時の計算でやったものと同じなので、ここは「売上高 × 0.8979」です。そして[B]の消費税部分は「売上高 × 0.1」で求められます。なので双方をあわせた「売上高 × 0.9979」が入金額を求める式。

 じゃあ、先ほどと同じくX(売上高)を求める式に変形させてみると……

 なので冒頭にあげた「2,042円」が、税抜き計算でいつも源泉を引いてる取引先の場合は、「2,042 ÷ 0.9979 = 2,046円」が税抜きの売上高で、この時の消費税額は「2,046 × 0.1 = 204円」「2,046 × 0.1021 = 208円」が源泉徴収税額という内訳になるわけです。入金額は「2,046 + 204 - 208 = 2,042円」と計算されているわけですね。

で、けっきょくその入金はなんだったの?

 問い合わせのメールを出した翌日には、出版社の方からお返事をいただきました。どうも海外で翻訳版を出すにあたっての版権料が生じていたようです。内訳の詳細としていただいた数字は、まさに上記で計算したままの数字になっていました。

 というわけで、入力を済ませてあった仕訳の摘要欄だけ「書籍『○○』の海外出版版権料」と書き換えて処理終了。
 これまでも、たまーに「これなんだ?」という入金額が生じることはあったので、今後もこの計算式は使えそうです。

 源泉徴収税については以前も記事にしてまとめたことがあるので、興味があればそちらもあわせてどうぞ。

ちょこっと宣伝

税金のイロハを解説する本を出してます。内容は毎年増刷のタイミングで最新の税制に対応させてます。こちらもよろしくお願いします。


  1. デコピン より:

    今晩は。
    今日、若洲海浜公園でモトグッチのモーニングラリーが有ったんですよ。確定申告が終わったので気分転換にお誘いすれば良かったですね。総台数34台が集まりました。1950年代の「250」も来ていました。

    Facebook
    • きたみりゅうじ きたみりゅうじ より:

      こんなのやってたんですね~。
      たくさんで走るのは苦手なのでまじることはないと思いますけど、他の人のカスタムとかどんなパーツつけてるか眺められるのはいいですね😊

      • デコピン より:

        20日のは若洲海浜公園から大黒PAまで走る予定でしたが、湾岸線が渋滞していたので走るのは中止になりました。でも、皆さん、他の方のバイクの仕様をみて楽しんでいましたよ。次回は6月に箱根の大観山展望台かな。

スポンサーリンク