Galaxy Note10+の生体認証精度とその速度

 Galaxy Note8からGalaxy Note10+に喜んで乗り換えた理由の80%くらいは、指紋認証が画面内で可能になって、前面に位置替えされたことです。

 背面センサーって、一発で指がその位置に行くことが自分の場合はあまりなくて、なーんとなく指で探りながら「あ、ここか」と定位置について認証が終わるという感じだったのと、あとそのために持ち替える必要があって好きじゃなかったのです。

スポンサーリンク

指紋認証の速度と精度はどんな感じか

 そんなわけで、Galaxy Note10+のセンサー位置には大喜びなわけですが、気になるのは「画面内センサーの認識精度と速度はどんなもの?」という点です。これが購入前にチェックしようとしたらどこにも情報がなくて難儀したんですよね。

 そしたら認証の様子を動画に撮ってTwitterで見せてくれた方がいて、これが非常に参考になったので、自分も載せておくことにします。指紋認証の反応は、だいたい次の動画くらいの感じです。

Galaxy Note 10+の指紋認証速度

 速度については、「もうあと0.5秒早いと完璧なのになあ」という案配で、少し遅めです。ただ、Always On Displayに指紋センサーのマークを表示しておいた状態なら、本体を手に取ると同時に指を乗せておけば手元に来る頃には認証が終わってる……くらいの感覚であるため、それほどストレスを感じるような速度でもありません。

 ちょっと微妙だなあと思うのは、認識精度があまり良くないこと。

 指紋登録の際に、センサーを覆うように指を乗せるためには、少し強めに押しつけないと駄目だったことも影響しているのか、指を軽く乗せる程度ではまず認識してくれません。ぐっと強く押し込む感じにしないと駄目。
 その状態でも100%認識してくれるかというと微妙なことが多々あって、5回連続で認識に失敗して生体認証にロックがかかり、パスワード入力を強制されることも珍しくありません。

 そうなるとめんどくさいので、認証エラーが3回続いたら、画面をダブルタップしてロック画面を表示させて、後述する顔認証でログインするようにしています。

顔認証の精度と速度はどんなものか

 Galaxy Note10+では、指紋認証と顔認証が併用できるようになっています。

 通常のロック画面になるとインカメラの周りがぐるりと光るように遷移して、これが顔認証を実施してるサイン。

 認証速度はかなり高速で、ロック画面が表示されたと思ったら、「あっ」と思う間もなく認証が終わります。ロック画面が表示される度に世界の美しい景色がランダムに切り替わるよう壁紙設定をしてるんですけど、「もっと見せて」と思うくらい高速に認証が終わってしまうので、ぜんぜんちゃんと見れません。それぐらい高速。
 メガネをかけていても、かけていなくても、画面の正面にいても、いなくても、こちらから見て画面があらかたちゃんと視認できるかなーぐらいの角度位置に居れば、それでカメラが捕捉してスパッと認証が終わります。

 だからまあ、普段は画面オフ状態から指紋認証で開こうとして、3回ミスしたらダブルタップ……した瞬間に認証が終わるって感じで、あまりストレスは感じずに済んでいます。

総評

 そんなわけで、指紋認証については「速度はともかくとして、もうちょっと認識精度なんとかならない?」という感じ。一方顔認証については、速度と認識精度ともに大満足。両方を組み合わせて使う分には、生体認証でさほどストレスを感じることはなさそう……というのが自分の印象です。

 ただ。ただ……ですね、顔認証があまりに速すぎる気がするんですよね。これほんとに正しく判定できてるのかな。

 ちょっと不安が残るので、近いうちに僕の写真や息子を使って顔認証がパスできないか、追試をしてみたいと思います。

コメント

スポンサーリンク