疲れ目がひどいのでアイマッサージャーを買ってみた

 液晶タブレットで仕事をするようになってから、よく目が疲れるようになりました。僕の目は遠視&乱視持ちなので、近い画面を凝視し続けるという行為は、ピント調節機能にかなり負荷をかけるらしいのです。
 最近だと仕事をしてない時間も暇があればスマホを見てるもんだからなお悪い。

 いつしか自然回復力が追いつかないケースがまま見られるようになったので、そういう時は濡れタオルをレンジでチンして蒸しタオルを作り、それを目にあててしばらく横になるなどしています。これ気持ちいいんですよね。

 ただ、蒸しタオルだとすぐに冷めちゃう。
 もっと長時間温めて欲しい。なんなら目の周りをマッサージして欲しい。そのまま昼寝なんてできたら超最高。

 そう思って試しに「アイマッサージャー」で検索かけてみたら、わらわらとたくさん該当する製品が出てきました。どうも当たり前に定番ジャンルの商品だったみたいです。

スポンサーリンク

目元に使う機器だけに、念のため中華製を避けて日本製を選ぶ

 Amazonで検索してみた感じだと、だいたい製品の価格帯としては3千円台後半~4千円台というあたりがボリュームゾーンの様子。それで、温熱機能とエアマッサージ、振動マッサージ機能がついてUSB充電でバッテリー駆動できるのが標準的なようです。
 たとえば最新型のこんなやつとか。

目元マッサージャー 目マッサージ器 目元美顔器 温め機能 音楽機能 Bluetooth タイマー設定 5モード 振動 気圧アイエステ 多周波振動 目元 ヒーター ホットアイマスク180度二つ折り 通気性 疲労 癒し 血行促進 安眠 日本語説明書
コノビヤ
【役に立つ】柔らかい素材と3D立体型アイマスクの組み合わせは、装着時のストレスを大幅に軽減できます。目元周りの血行促進、眼精疲労解消、肌細胞を活性化、頭痛を減軽することができます!

 やったお安いね!と注文ボタン押しそうになったんですけど、これって目に当てる機器なんですよね。バッテリー駆動なんですよね。
 たまに聞きますよね、粗悪なバッテリーの爆発事故…。

 考えすぎだろうとは思ったものの、使用箇所的に万が一でもあられては困ります。そんなわけで、一応おまじないとして日本製を選ぶことにしました。7,800円か。むう、先の製品を見た後だけにすごくお高く感じる…。

日本製 目元マッサージャー アイマッサージャー ホットアイマスク 目元エステ 安眠グッズ アイマスク 目もとエステ ストレス解消 温度調節 180度二つ折り 音楽機能 USB充電式 目の疲れ 疲れ緩和 目元美顔器 2年保証 ブラック
G&K
🎇プレゼントに喜ばれる🎇★抗菌コットン汚れ防止カバー5枚付き。いつでも清潔に使える。疲れた目をしっかり回復させてくれる…15分の安らぎでリフレッシュ!エアーには2つのモードがあり、それぞれのモードには2種類の手法があり、ワンサイクルは約4分間で、合計9種類が体験できます。お好みのマッサージ機能をチョイスして疲労軽減。

 これも日本製とか言ってるけどどこまで信じていいのやら…って感じですけどもね。

製品の概観

 到着した品をご開封。製品本体と、携帯用の巾着袋、汚れ防止用のコットンカバー、説明書、充電用microUSBケーブルが入っています。綺麗な化粧箱が「日本製でっせ」という質の良さを主張しています。

 多少お高いながらもこの製品を選んだのは、この目に当てる部分の材質も決め手でした。他のは合皮製がほとんどなんですけど、これはファブリック製なのです。汚れやすさと表裏一体かもしれませんが、こっちの方が気持ちよさそう。

 本体は2つ折りできるようになっています。畳んだ時に露出する中央部には充電用のUSBポート。

 さっそく充電してみましょう。USBケーブルを挿した状態でも、床面から浮くことがないように、その分の逃げが作られているんですね。ボタンの節度や縫製、各部の作りなど、総じて良くできた丁寧な作りです。

使用方法は「おいおい」と言いたくなるほどまだるっこしい

 本製品の使用手順は次のようになっています。

 電源ボタンを長押しすると温熱機能がONになり、電源ボタンをダブルクリックしてモード切替。モードは「温熱」→「エアーマッサージ」→「温熱+エアーマッサージ」と変化します。各モードには「弱」モードと「強」モードがあって、それぞれのモードへ入った時に電源ボタンを1回押すと切り替わります。

 …と、自分で書いてて「アホか」と言いたくなるくらいに、これが最初わかりづらかったです。しかもモードは記憶してくれないので、起動の度に電源ボタンをひたすら連打して切り替えないといけません。
 本製品には振動マッサージ機能がついてないんですけど、他製品のレビューを見てたらどこも同様の切り替え手順だったっぽいので、不要な機能はついてないものを選ぶようにした方が(僕は振動マッサージは不要と思った)、めんどうな切り替え手順が何手か減らせて良いと思います。

 そんなわけで、使用時はまず手に持った状態で、インジケーターを確認しながらモード切替を行って、それから着用するという流れになります。

実際の使用感はというと

 熱めのお風呂と同じ最高42℃という温度に期待をしましたが、期待ほどには熱いと感じません。やはりこれだけごつい外殻なわけですから、顔にぺったり貼り付かせることのできる蒸しタオルほどの密着感はなく、それが体感温度にも影響しているようです。

 ただ、それでも過熱防止のために自動オフになるまでの15分間、冷めることなく継続して温めてくれるのは気持ち良いです。そのまま寝れます。

 エアーマッサージも意外としっかり刺激がきて気持ちいいんですが、それによって密着感がさらに薄れてしまうので、その分温熱効果は下がります。このマッサージ機能はこめかみ周りをすごくしっかり刺激してくれて気持ちいいので、どちらの気持ち良さを取るかでその都度使い分けるようにしています。

 このエアーマッサージ機能使用時は、マッサージ機にありがちなウィーンウィーンという機械音が鳴り響きます。使ってる当人は気持ちいいし耳障りな音質でもないので、それを子守歌代わりに寝落ちしていけますが、使ってない人からしたら「うるさい!」ってなるかも。横で寝ている人がいる状態だと、温熱機能のみにとどめるのが無難だと思います。

 …と、そんな感じでここ1カ月くらい使ってみてるんですが、疲れ目からくる頭痛とか、目を開けていられなくなる感じとか、目から肩こりにつながる感じとかは今のところ感じなくなってる気がします。
 少なくとも朝起きてすぐなのに目がしばしばして落ち着かないというケースは皆無になっているので、意外としっかり効果は出てるんじゃないかと。

 個人的には、仕事の合間の休憩時とか、昼食後にちょっと仮眠とる時とかに、気軽に目を休めて安眠することができる良いアイテムだと思います。
 日本製の値段がもうちょっと安いと嬉しいけどなあ。

コメント

スポンサーリンク