歯ブラシスタンドを作ってみる

 携帯用の電動歯ブラシが欲しいなあと思って、試しに買ってみたキスユーのやつがかなり良くてですね。

 これを携帯用だけに限定するのはもったいないと思って、仕事場でも普段使うようにしています。ただ、ブラシはワイドヘッド(やわらかめ)のブラシに替えてある。フタが閉まらなくなるから携帯用としては使えないヘッドなんですけど、気持ちいいんですよねこれ。

 問題なのが置き場所です。この電動歯ブラシを買うまでは、無印製の陶器のシンプルなやつに立てておいたんですが、残念ながら電動歯ブラシの太さではあの穴に入ってくれません。
 どうしようかなあ……できればこの程度シンプルなものにちょんと挿しておきたいんだけども……。

 あ、そうか。作ればいいんだ。

 というわけで、先週末の陶芸サークルではちまちまと電動歯ブラシスタンドを作ることにしました。

スポンサーリンク

こねこねしてみるものの、なんか違う……

 粘土を練って、土台となる輪っかをこねこね~ぐるぐる~とまずは作ってみる。当然これだけだとつまんないから、なんか足したい。動物がいいかなあ、でもそれもなんかめんどくさそう。
 最終的には乳白一色で仕上げるつもりなので、色分けしないと生きないデザインにはしたくありません。白一色といえば……オバケかな。

 とりあえず顔つけてみるか。あ、手もあった方がいいな。こねこね。

 持参した歯ブラシのキャップ部分を試しに置いてみる。

 うん、いい感じに手が支えてくれるから、使い心地としては問題なさそう。焼くと1割程度は縮むんですが、これぐらい大きめに作っておけばそれも問題ないでしょう。

 けど……(まだ削って微調整をしていくとはいえ)なんか今ひとつのような。周りのママさんたちには「かわいい!」と好評だったんですけども。もうちょっとかわいくオバケっぽい感じにしようと思えば手を縮める必要があって、そうすると使い勝手が……どうしようかなあ。

コメント

  1. カナヘビ より:

    「うらめしや」をしているように手を垂らすのはどうですかね。

    • きたみりゅうじきたみりゅうじ より:

      なるほど、それもありですね。今回のものを変形させるのはもう難しそうなので、次作る時はそうしてみます~。

スポンサーリンク