MOTO GUZZI V7 のテールランプをLEDに交換する

 ヘッドライトバルブをLED化したら、ずいぶん電力に余裕が出た感じで好印象だったもので、テールランプもLEDバルブへ交換することにしました。

【令和2年最新 業界初 】Feison(フェイソン) S25 ダブル球 段違いピン LED ブレーキランプ BAY15D テールランプ ヘッドライト級CSPチップ DC10V-30V用 2個入り 1年保証
Feison
⭐【最新型登場! 】ヘッドライト級大光量のCSP1860チップを搭載し、超拡散レンズ(全カバー)付きで照射距離を伸ばすことに成功しました。全方位照射仕様、昼間の環境でも十分確認出来る明るさと拡散性、純正ハロゲン球より3倍以上明るく光っていますが、純正より省エネ、長寿命、耐久性があります。

 これもポジションランプ同様、ただ付け替えるだけで手間なく終わるはず。これによって、ブレーキかけた時の消費電力が、21W→4.5Wへと16.5W削減できる見込みです。

スポンサーリンク

さっくりバルブを付け替えましょう

 それでは作業開始です。

 テールランプ左右のネジを外してカバーを外すとバルブがあらわれるので、これをひねって取り外します。

 新旧バルブ比較。左側が今回買ってきたLEDバルブ、右側が通常のバルブです。

 新しいバルブをセット。

 電球然とした自然な見た目。いかにもLEDという感じではないのが気に入りました。カバーをはめちゃえば見えなくなるので、自己満足でしかないですけどね。

点灯テストをしてみよう

 それではカバーをはめて点灯テストです。

 まずは普通のテールライト状態。特に明るさに不足を感じることはありません。

 上から見た図。ちゃんと光ってます。

 この状態でリヤブレーキを踏んでみるとストップライト状態になってぴかーんと光る。

 テールライトとストップライトにしっかり輝度差があってチェックOK。問題ありません。

 交換前は、信号待ちでウインカーON&リヤブレーキON&グリップヒーター最強状態にするとまだ電圧計の数値が少し下がっていましたが、今回の交換によってその状態でも数値は14.4Vのまま。びくともしなくなりました。

コメント

  1.  い ち より:

    S25電球でライセンスプレートの照明も兼ねているので、念の為暗くなりすぎていないかご確認ください。夜、ライセンスプレートが読めれば特に問題はないと思います(保安基準もあるはずです)。

    写真だとはっきりとは見えませんでしたが、S25の装着方向ですと、上下方向に光が強くでていきますが、LEDのものは左右方向に強く光が出ていくようにみえます。
    テールランプのカバーの下方向がライセンスプレート照射用です。

スポンサーリンク